霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

菜園

農地購入を企て中

投稿日:

農地

この山里に引っ越して2年余ですが、そろそろ農地を購入したいと思っています。ただ、農地の購入は結構大変です。農地法という大きな壁が立ちふさがっています。

近くに農地を手放したいという方がいらっしゃって購入の話をしている所です。しかし、農地の場合は単純な売買という訳にはいかないようです。

私の場合は今まで農業をやっていなかったので、ます起農という手続きが必要です。市町村の農業委員会に「私は農業を始めます」という申請をして、許可を得ないといけないわけです。

その上で農地法による農地の譲渡許可、いわゆる3条申請を行うことになります。
この3条申請の許可基準を市のホームページで確認しました。

農地法第3条の許可基準

・すべての農地を効率的に耕作すること(すべて公立利用要件)
・申請者または世帯員が農作業に常時従事すること(農作業常時従事要件)
・農地の合計面積が農業委員会が定める下限面積以上であること(下限面積要件)
・周辺の農地利用に影響を与えないこと(地域との調和要件)

以上の4要件を満たさないと農地譲渡の許可が下りないわけです。
私の住んでいるところでは下限面積は20aのようです。

まず、購入、借用を含めて20a(2反歩)の土地を用意する必要があります。その上で、それらの土地を耕作できる状態にします。荒地のままではいけません。また、耕作する手段、知識も求められます。さすがに2反もの農地を鍬一本で耕作するというのは無理でしょう。
上記の要件を満たしているか調べる現地調査もあるようです。私のような新規就農者の場合は立ち合いもしないといけないようです。

今から起農、3条申請の手続きをしていくことになります。
農地を購入して畑や田圃を作っていくまでの顛末・・・結構大変そうですが、このブログでも顛末を報告していきたいと思います。

adsense

-菜園
-

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.