霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

短歌

南日本短歌大会(第110回) 出詠募集中

投稿日:

短歌南日本短歌大会が4月25日に開催されます。

鹿児島には幾つかの短歌結社があります。その生い立ちや立場も様々です。全国区の結社の鹿児島支部的な結社もあれば、鹿児島で生まれ育ったローカルな結社もあります。また、写生を重んじる結社や、わが「にしき江」のように抒情を大切にする結社など歌風も様々です。

そういった鹿児島県内の短歌結社、歌人を束ねる組織として鹿児島歌人協会があります。その歌人協会が行うのが「南日本短歌大会」です。私も少しばかりお手伝いをしている大会です。「南日本短歌大会」は現在、県内7つの短歌結社が中心となって運営しています。

日常的には各々の結社内で活動することがほとんどで、他の結社と触れ合うことは少ないのが実情です。また、短歌愛好家でも結社に参加されていない方も多いのではないでしょうか。この南日本短歌大会は、そのような結社の枠を超えて、県内の歌人が触れ合う数少ない機会です。短歌愛好家の方は是非参加して頂きたいものです。

南日本短歌大会は皆さんの短歌を募集しています。毎回、県内外から200首を超える出詠があります。応募いただいた短歌は、当日大会に出席した方々の互選が行われます。互選の上位者と選者選、歌人協会賞が選出され表彰されます。

南日本短歌大会は出詠歌の批評研究会がメインです。各結社代表の選者と参加者で出詠歌を批評していきます。時には白熱した議論がかわされます。

3時間ばかりの時間では200首を超える短歌の全てを取り上げることは難しいですが、自分の短歌が取り上げられると嬉しいです。それぞれの歌風、考え方の違いがあったり、思いがけない発見があったりして参考になります。時には手厳しい意見を頂戴することもありますが、そういう時は良い勉強をしたと思う・・・ことにしています。

出詠の締め切りは4月3日です。短歌同好の方々の応募、参加をお待ちしております。なお、大会欠席者、県外在住者の応募もできます。

南日本短歌大会 出詠送付先

〒899-5656
鹿児島県姶良市西姶良1-1-6
谷口 洋子あて

会費 1,000円(当日徴収、欠席者は後日送金

adsense

-短歌
-

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.