霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

「田舎の風景」 一覧

蜘蛛

田舎の風景

女郎蜘蛛が一人居の屋敷で見る夢は・・・

2015/7/30  

加治木町では蜘蛛合戦が有名ですが、その蜘蛛合戦に出てくるような大きくて綺麗な色をした蜘蛛が巣の上を行ったり来たりしています。何をしているのだろうとしばらく眺めていると、なんと巣作りをしていたのです。蜘蛛も蜘蛛の巣もよく見ますが、その巣作りの最中にお目にかかったことは初めてです。

合歓の木

田舎の風景

合歓の木の花が風に揺れています 合歓でネムと読む不思議

2015/7/20  

山里の夏を彩るのは合歓の花です。ピンク色の綿毛のような花を高い木の枝一杯につけています。青い空と蒸せるような深緑とのコントラストが綺麗です。好きな花です。さて、どうして「合歓の木」と書くのか気になりませんか? 合わさって歓ぶ木なんですよ。

アジサイ

田舎の風景

アジサイが咲き始めました 花言葉は「あなたは美しいが冷淡だ」

2015/6/1  

わが家の庭にもアジサイが咲きはじめました。わが家のアジサイは青色の手まり咲きです。最初は緑がかった白い花がピンク色、青色、紫色と変わっていきます。山を歩いているとシックな青色のガクアジサイに出会うことがあります。ヤマアジサイ・・・この素朴なアジサイも大好きです。

グミの花

田舎の風景

今年もグミの花が一杯咲きました

2015/4/21    

今年もグミの花が一杯咲ました。引っ越してきたときは、もう随分と大きな木になっていたグミです。5月の終わりころになるとグミの実が熟してきます。花よりも実が赤くなった時の方が綺麗です。真っ赤な実がグミの木にびっしりのぶら下がります。

桜

田舎の風景

桜が咲くのを決めた日

2018/9/12  

我が家の桜は今朝はまだ咲くのをためらっていました。しかし雨もあがり、暖かい春風が吹き始めるて、ようやく決心がついたようです。一気に咲き始めました。ウッカタは塩漬けにするとかで、蕾ぎみの桜の花を摘んでいました。

鶯のさえずり

田舎の風景

鶯のさえずりが上手になってきました

2018/9/4  

我が家には椿の木が多く鳥たちが蜜を吸いにくるようです。そんな中に鶯がいます。彼らもこの頃は随分とさえずりが上手になりました。天気の良い日は外にテーブルと椅子をだして鶯のさえずりなど聞きながら珈琲を飲むのが好きです。田舎ならではの贅沢なひと時です。

蕗の薹

田舎の風景

ようやく春の兆しが・・・山里の早春

2018/9/12  

我が家にもようやく春の兆しが見えてきました。椿たちも色々と咲いています。オオイヌノフグリも庭一杯に咲き始めました。水色のお花畑のようです。蕗の薹も、この前までは蕾が固く蕗味噌にするにはちょど良かったのですが、あっという間に花が咲き始めました。もう、天ぷらにするのにも手遅れ気味です。

乙女椿

田舎の風景

乙女椿の花言葉は控えめな愛

2015/2/25    

私の家にはたくさんの椿が植えてあります。冒頭の写真は乙女椿です。薄桃色の花びらが八重になっていて清楚な感じです。我が家の椿の中では一番好きな椿です。他にも紋入りの八重、真っ赤な獅子咲、ピンクの獅子咲・・・色々な椿が咲いてくれます。

オオイヌノフグリ

田舎の風景

オオイヌノフグリは己が名を憂うや

2018/9/12  

私の大好きなオオイヌノフグリが咲き始めました。とっても小さい花ですが、もう少しすると我が家の庭を青く染めてくれます。「オオイヌノフグリ」を漢字で書くと「大犬の陰嚢」です。花の可憐さには、似つかない名前です。可愛そうな名前を付けられた花は他にもあります。

梅一輪

田舎の風景

梅一輪ほどの暖かさ

2015/2/19  

「梅一輪一輪ほどの暖かさ」 今日はとっても寒かったですね。でも、暦の上ではもう春です。そろそろ里では梅が咲き始めています。我が家の庭でも蕾が膨らんで、パチッと弾けたように梅が一輪咲きました。

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.