霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

温泉散策

仙寿の里・ラムネ温泉 半露天の日帰り湯

更新日:

ラムネ温泉仙寿の里・ラムネ温泉は妙見新川温泉郷にあります。国道223号線を隼人町方面から霧島方面へすすみ、以前、紹介した龍馬公園・塩浸温泉を過ぎて暫くすすむと看板が現れます。看板は仙寿の里というものと天然ラムネ温泉というものが二つ出ています。この小さ目の看板が国道沿いにぽつんとあるだけなので、少し分かりづらいです。

国道から少し山の方に入り込むと「仙寿の湯」と看板のかかった温泉があります。半露天の温泉です。入ると脱衣場があり、その奥に湯船があります。湯船は半分に屋根があり、のこりは露天で壁もありません。半露天ということで内湯の落ち着きと、露天の解放感を同時に味わえて中々良いです。

ラムネ温泉

男湯、女湯とありますが、日替わりで入れ替わっているようです。私が行ったときは奥の方が男湯でしたが、聞くところによると手前側が良いとのことでした。今度行ったときは、そちらの方に入りたいもんですね。

ラムネ温泉とありますが、いわゆる炭酸泉のように泡が肌にまとわりつく感じはありません。ほかの妙見温泉と同じで少し赤みがかったお湯でしっとり感があります。

価格は日帰り湯、300円で気軽にいけます。私は霧島の山に登った後に訪れました。バンガローもあり、泊りがけでゆっくりと温泉三昧の休日を過ごすこともできそうです。半露天の大風呂以外にも家族風呂などもあるようです。

adsense

-温泉散策

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.