霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

味処散策

鈴之屋旅館 鰹の漬けのお茶漬けはおすすめ

投稿日:

鈴之屋旅館ちょっと遠いですが、宮崎県の日南のお店です。
目井津という漁港にある鈴之屋旅館です。
こちらも俳句の吟行でお伺いしたところです。こちらの名物は「鰹の漬け」です。名前は旅館ですが泊まる事はできるのかなぁ・・・という感じで、昼は「漬け」目当てのお客で一杯です。

食べたのは鈴之屋定食ですが、それがなんと桶に入ってきてびっくりしました。
桶に入っているのは刺身、鰹の漬け、小鉢、もずく、鰹の胃袋の甘煮。
それにご飯とあら汁がつきます。
十分すぎるボリュームで、1,200円です。

例によって焼酎を飲みながらお昼です。
メインは当然、鰹の漬けです。 「漬け」は甘めの醤油でじっくりとつけてあるようで、味がしっかりとしています。
焼酎の肴に2,3切れ、あとはご飯に乗せて2,3切れ、最後は出し汁をもらってお茶漬けです。 このお茶漬けが絶品でした。 ここに来たら、ぜひお茶漬けを食べてください。
鈴之屋旅館のすぐ前が港です。その港の方にいくと物産館があります。地元の食材が沢山ならんでいます。もちろん、海の幸が一杯です。私はここでメザシを買ってかえりました。袋に詰め放題でお得な買い物でした。

鹿児島からだと少し遠いですが、日南の解放感のある風景と青い海、鈴之屋旅館の「漬け」、お土産に海の幸と地元の焼酎・・・如何でしょうか。

鈴之屋旅館 アクセスマップ

31°32'35.0"N 131°22'57.0"E

adsense

-味処散策

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.