霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

味処散策

大海 日南で伊勢海老料理を堪能して大満足

投稿日:

大海

久々に家族旅行に行ってきました。宮崎の日南海岸です。お目当ては「大海」の伊勢海老料理。
私達夫婦と娘一家、なぜかオーストラリアに行っている娘のボーイフレンドの5+2の宮崎紀行です。

ゆっくりと霧島の麓を出発して、最初に訪れたのは味紀行でも紹介した焼き鳥料理の「愛の里」です。ここで少し早目の昼食です。暴れ放題のガキがいるので個室をお願いして、七輪で焼き鳥を堪能しました。美味しかったです。

次は志布志の「イルカランド」、ここはガキへのプレゼント。まだお話できませんが、迫力のイルカショーは食い入るように見ていました。ペンギンもお気に入りのようでペンギン散歩では、後ろをチョコチョコ歩いていました。同じような歩き方で。

大海 海岸

そこから1時間半ほどかけて220号線を北上して最終目的地の「大海」を目指しました。「大海」は鵜戸神宮の近くです。目の前は太平洋で砂浜が広がっていました。早々にガキをつれて砂浜にでてみました。遠い台風の影響か、少し波がありサーファーが夕方の海を楽しんでいました。ガキは初めてみる波にビビっていましたが、すぐに大はしゃぎです。そして、大人たちも砂浜ではガキも戻ってしまいます。

大海 料理

大海は磯料理が大人気のお店です。1階は磯料理を食べさせてくれる食堂で、2階では宿泊もできます。この日の宿泊客は私達だけで、ゆっくりと過ごすことができました。
夜の料理は大海さんならではの磯料理です。伊勢海老、車エビ、アワビ、刺身と盛りだくさんです。これだけ食べて、泊まって、なんと一人、11,000円でした。みんな大満足で来年も行こうという相談で持ち切りでした。

大海 部屋からのぞむ朝日

9月は伊勢エビ漁の解禁の月です。この時期は、鹿児島でも内之浦や阿久根などで伊勢海老祭りが行われます。伊勢海老とうと高級食材ですが、やはり解禁時期が美味しいです。
実は私の実家は宮崎の北の方にある小さな漁村で、漁師を生業としておりました。伊勢海老漁もしていて、この時期は私も船にのって手伝っていました。朝、暗いうちから船を出し網を手繰っていくと、伊勢海老がギィギィ言いながら上がって来るのです。
伊勢海老漁は9月から3月くらいまで続けられていました。やはり解禁の9月が一番獲れて、段々と少なくなってきます。

そんな9月に、また訪れたいと思います。霧島の麓からは遠いので、また宿泊することになるでしょう。次回は志布志から北上するのではなく、宮崎市から南下するのも良いなと思っています。距離はそんなに変わらないようです。

adsense

-味処散策

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.