霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

エッセイ

メタボ脱出への道 一日に1400Kcalに抑えましょう

投稿日:

メタボ
「まずは腹囲からです、楽にして下さいね」
・・・
「何センチですか」
「84センチでした」
「あぁ、去年から1センチ少なくなりましたね」
「そうなんですかぁ・・・」

今日は職場の健康診断でした。絶対、腹回りは大きくなっていると思ったら小さくなっていましたね。85センチ以上がメタボですから、はれてメタボ脱出・・・かな?
でも、体感腹回りは大きいです。メジャーは臍の所とか言って最大腹囲よりも下の方でしたから、まぁ記録上はという感じでしょうか。

いけませんねぇ、運動不足なんでしょうねぇ。筋力が落ちているんでしょう。
歳をとると筋力維持には努力が必要です、ましてや筋力増加には相当な覚悟が必要でしょう。
それなのに運動不足となれば腹囲は増大する一方です。中性脂肪の値があがって病院の先生に怒られる。今日も健康診断のドクターに「炭水化物は少なめに」などと言われてしまいました。

そういえば、しばらく前に病院の先生から呼び出されて、栄養指導などを受けました。病院の栄養士のお姉さまから、私の一日の摂取カロリー宣告です。

「一日に1400Kcalに抑えましょう」と軽くおっしゃいました。

1400Kcalというと、かなり厳しい数値です。
私の朝ごはんは「ご飯とみそ汁」ですが、それだけでも400Kcalくらいあります。ということは残りが1000Kcalです。

某ファミレスではメニューにカロリー数が書いてあります。恐怖の数字ですが、これがありがたい。それで・・・メニューを眺めると・・・600Kcal以下のメニューなんてありゃしない。ご飯一杯が300Kcalと思えば当たり前かもしれません。

そんな事を件の栄養士さんに聞いてみました。

すると、「全部食べなければいいんです」と、また、軽くおっしゃる。

これは目から鱗の返答でした。考えてみればその通りなのですが、幼いころ給食時間に全部食べるまで居残りをさせられた口には思付かない事でした。

「命がけで食べる必要はないのです」と、また、また、軽くおっしゃる。

まぁ、その通りです。
そもそも、命をつなぐために食事をとっているのですが、時は飽食の時代、その食事が命を縮める原因になり始めています。
某ファミレスのシェフにはもうしけないが、ここは残すことにいたしましょう。
といいつつ・・・ついつい食べてしまうのでありますが。

adsense

-エッセイ

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.