霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

エッセイ

はやぶさ2は今どこに 感動の打ち上げから半年たったけど元気でしょうか

投稿日:

はやぶさ2

昨年の12月3日に種子島から打ち上げられた「はやぶさ2」、気が付けば半年が過ぎようとしていますが、いまどのあたりにいるのでしょうか。

JAXAの「はやぶさ2」特設サイトを久々に覗いてみたら、ちょうど2回目のイオンエンジン連続運転が終わったところのようです。

「はやぶさ2」は打ち上げられたあと、地球を追っかけるような形で太陽を回っています。1年をかけてだんだんと地球の追いつくような感じになり、12月に地球スイングバイで軌道を変えて小惑星へ向かっていくようです。
地球スイングバイのために3月と6月にイオンエンジンをオンにして軌道を変える必要があるとのことで、その2回目が終わったところのようです。

まだ小惑星に向かっているわけでは無いようなので、地球からの距離はそれほど離れていないです。しかし、それほどとは言うものの地球から5,741万Km(6月8日時点)もの彼方にあります。通信も片道3分ほどかかるようです。これからはスイングバイに向けて、だんだんと地球に近づいきます。まぁ、放り出された「はやぶさ2」が1年かけて地球に戻ってくる感じかもしれませんね。

初代「はやぶさ」にネームプレートを託したこともあり「はやぶさ2」のことも何かと気になります。
去年の12月に打ち上げれ、1年後に地球に戻ってきてスイングバイ、2018年に小惑星に辿り着き、2020年に地球に帰還する予定です。長い道のりですね。
2020年は東京オリンピックも開催されます。「はやぶさ2」も順調に飛行をつづけて無事に2020年に帰ってくるといいですね。2020年は興味深い年になりそうです。
そういえば金星探査機の「あかつき」はどこにいるんでしょうね。当初の軌道投入に失敗して、太陽の周りをまわる軌道にいるはずなんですが・・・。
調べてみたらい「あかつき」も生きていました。今年の12月7日に金星軌道に再投入する計画のようです。

今年の12月は「はやぶさ2」の地球スイングバイと「あかつき」の金星軌道再投入・・・、宇宙好きには楽しみな月になりそうです。

adsense

-エッセイ

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.