霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

登山日誌

韓国岳に初登り(H20/1)

更新日:

韓国岳山頂やっと初登り。
明日の方が天気が良さそうだけど、もう待てない。
なにはともあれ霧島に、韓国岳に。

天気は随分と申し訳なさそうに雲が覆っています。
「まぁ、しかたないさ」と雲へとも、自分へとも判らない呟きをしながら車を山に。
走りなれた道に車を駆り、上りなれた道を登ります。
天気もこんな風だから展望も望めない。
今日は取りあえず登れればいい。

登りはじめると、どうも感じが違う。
確かに空一面が灰色で山間が霞んでいるのですが、異様に遠くまで見渡せるのです。
最近の雨で空気が澄んでいるのでしょうか。
遠くは九州の背骨ともいえる熊本の山々、桜島はもとより開聞岳も。
山並みの折り重なる合間には霞がかかり、山並みがグラデーションを描いて薄く、小さくなって遠ざかっています。
その霞ぐあいの遠望はちょと素敵でした。

この寒波で樹氷がついていました。
雪は期待していなかったのですが、樹氷は嬉しい誤算です。
しっかりとカメラに収めて早々に降りました。
2時間弱の慌しい山行です。
未だ来ぬ先の結果を思い悩んでいたのがバカみたいです。
登ってみれば嬉しい誤算もあるものです。

adsense

-登山日誌
-,

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.