霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

登山日誌

韓国岳(H19/9)

更新日:

韓国岳山頂9月は休日の多い月です。
今週は敬老の日がハッピーマンデーで3連休、じっとしている訳にはいきません。
若いもんを無理やりに連れ出して韓国岳にちょっと。

台風が掠めていったようで雲の多い空です。
何時もよりも早く山に向かいます。
妖しい天気と早い時間のせいか、登山口には車がありません。
準備もそこそこに登りはじめます。

1合目、2合目、ぽっちゃり型の連れは意外に元気です。
私の前をどんどん登っていきます。
「最初は抑えろよ」
ちょっと牽制。

3合目、一番きついのがこのあたりです。
天気は時折小雨の降る程度で、いま頃の登山ではかえって良い按配です。
休んでいると後からのおじいさんが先にいきました。
そのおじさんを4合目あたりで「お先に」と追い越して5合目です。

ここで一休み、リュックをおろして、連れは煙草を、わたしは雨よけのウィンドブレーカを出します。
件のおじいさんが「お先に」。
「あのおじいさん、やすんでないですよねぇ」、連れが驚く。

これからは坂が緩くなるよと連れに言いながら頂上を目指します。
頂上には二人組の先客、そして件のおじいさん。
「えぇ~、82才ですかぁ」、そんな声が聞こえてきました。
なんと毎週登ってきてるとか。
恐れ入りました。
敬老の日、敬うには十分な元気の持ち主でした。

頂上はガスで一面真っ白、そして風。
そうそうに大浪池へ降りていきます。
今日は、大浪池からえびのへ向かうルートで帰ります。
降りる途中、右足に違和感が。
そうです、あの霧島往復縦走の感じです。
ちょっと不安です、来週は阿蘇の予定。

大浪池まで下り終わって非難小屋で昼食。
カップラーメンを作ります。
山での食事は何でも美味しいものです。
連れも満足そう。

また一緒に登ろうね。

韓国岳 登山記録

コース 韓国岳-大浪池・韓国岳非難小屋-えびの高原
参加者 私と若者1名
7:50 えびの 登山開始
8:29 5合目
9:04 韓国岳頂上
9:52 大浪池・韓国岳非難小屋
11:31 えびの 下山

adsense

-登山日誌
-,

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.