霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

エッセイ

ぎっくり腰に・・・ その原因と予防をググってみた

投稿日:

ぎっくり腰

昨日はぎっくり腰をやらかしてパソコンどころではなかったです。
とほほ・・・。

という事で今日は会社にも行けず、整形外科にギシギシ足で出かけて治療をしてもらいました。

先生曰く、「典型的なぎっくり腰ですな」

先生に腰に注射を打ってもらい、コルセットをはめてもらい、痛み止めを処方してもらいました。注射がきいたのか病院をでるころにはギシギシ足がトボトボ足くらいになっていました。そして、夜にはパソコンの前に座る程度に回復したのです。

今までぎっくり腰で病院に行っても、あまり効果が無かったのです。今回も期待していなかったのですが、思いのほか痛くなくなりました。痛み止めのせいかなぁ。

これを機会にぎっくり腰を少し調べてみました

先生はレントゲンを見ながら骨には異常がないと言っていました。ただ、骨が湾曲していないので周りの筋肉が緊張しているのでしょうと言って、腰に緊張をほぐす注射をしてくれました。

調べてみるとぎっくり腰の大部分(85%という表記もありました)が骨などの異常ではなく、筋肉の硬直が原因なんだそうです。筋肉が硬直して神経を圧迫することで痛くなったりするとか。足がつった時なども激痛ですが、同じような状況が腰に起きたのかもしれませんね。

ただ、腰の骨の異常、よく言われる椎間板ヘルニア、場合によっては内臓系の病気(ガンという事も)の事もあるので、病院には行った方が良いそうです。

ぎっくり腰の原因は?

原因として多いのは疲労の蓄積だそうです。

ぎっくり腰は突然起こるのですが、原因は日常の疲労がたまって起こるという事です。立ちっぱなしだったり、座りっぱなしだったりすると、腰や足に疲労が蓄積されて突然、ぎっくり腰として症状が発現するらしいです。
確かに同じことをしていても、ある日突然ぎっくり腰になります。今回はなんと物を拾おうと前かがみになったときにぎっくり腰になりました。これまで幾度となくしていた動作です。

ぎっくり腰の予防は?

予防としては固くなった筋肉を柔らかくすることが良いとのことでした。固くなっていると延ばす許容が少なくなるのですね。そこで伸ばそうとしたときに悲鳴をあげる。立ちっぱなし・座りっぱなしだと使う筋肉は疲労がたまり、使わない筋肉は固くなっていくということになりそうです。ヤバイです。

日頃からストレッチをしたりして使わない筋肉もほぐしておくと良さそうです。腰と足の関連は大きいようですから、脚の疲れは溜めないようにとありました。

ぎっくり腰になったら動かないでじっとしているよりも、痛くない範囲で動いた方が良いそうです。たとえばつま先あたりから・・・少しづつ。

adsense

-エッセイ
-

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.