霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

俳句

俳句吟行 忘年句会は出水の鶴と長島

投稿日:

出水の鶴

12月の俳句吟行は年末という事もあり、いつもより1週間早い第3日曜日でした。12月は忘年句会です。いつもの通り長島町の民宿、夕暮荘にて句会です。

吟行地は出水の鶴の越冬地です。今年も万羽鶴ということで餌場は沢山の鶴で賑わっていました。いつもながら圧巻です。観察センターでは地元の子供たちが説明をしてくれました。子供たちは鶴の事をよく勉強していて詳しく説明してくれます。

鶴たちに国境なくて万羽かな

出水の鶴たちはシベリアで生まれて出水に越冬にやってきます。3000Kmもの長旅です。朝鮮半島から対馬海峡を渡ってくるようですが、海の上は休むところもなくて大変でしょうね。子供鶴などには、さぞ過酷な旅だったでしょう。

三千粁飛びくる鶴の足細し

鶴は群れでやってきますが、行動は家族単位だそうです。時折飛び立つ鶴を見ていると子供連れか3羽くらいで一緒に飛び立ちます。2羽で飛んでいる番は来年は子供連れでやってくるかもしれませんね。そういう姿を見ていると仄々としてきます。

観察センター内のお土産屋さんでさつま芋の素揚げを頂いて長島に向かいました。長島町は海の幸が豊富で、刺身やガラカブ(オコゼ)のから揚げなど御馳走を頂いて句会です。いつもだったら焼酎も頂くのですが、今回は運転手なのでお預けです。

長島町は海の幸も豊富ですが、ジャガイモも有名です。もう、秋ジャガは収穫が終わっていますが、段々で赤い土のジャガイモ畑がいたるところにあり、面白い風景を作っています。
あと一つ、焼酎も美味しいです。長島研醸さんの「さつま島娘」は長島町内でしか売っていない焼酎です。この焼酎が美味しいのです。当然ながら帰りに買ってかえります。中には箱買い(6本)するメンバーもいました。これも、この句会の楽しみの一つです。
さてさて、忘年句会も無事に終わって、いよいよ今年も押し迫ってきました。

adsense

-俳句

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.