霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

俳句

今年最初の俳句吟行は霧島神宮

投稿日:

霧島神宮今日は俳句の吟行でした。今年初めての俳句の会です。

向かったのは1月ということもあり霧島神宮。もう1月も25日、とっくに松も明けて正月気分も無いものかと思ったのですが、霧島神宮は相変わらずの人出でした。

松明けてやうやく詣でる霧島宮(谺)

本殿にお参りして、遅めの初詣です。いつ来ても清々しさを感じます。参道に献酒をされた焼酎メーカーの銘柄ラベルのパネルがありました。春の光に銘柄が照らされています。俳句仲間も俳句ノートの手を休めて、しばらく焼酎談義。それぞれにお気に入りの焼酎があるようです。

高千穂峰霧島神宮を離れて高千穂牧場に。ここではお約束のソフトクリームを頂きます。広場には今年の干支の羊がゆっくりと草を食んでいます。ここの時間もゆっくりと進んでいるようです。
ここからは霧島連山が一望できます。先の霧島神宮のご祭神である瓊瓊杵尊が降臨されたという高千穂峰が目の前に迫ってきます。おりしも一叢の雲が頂上に引っかかったように止まっていました。

春の雲高千穂峰に寄り添いて(谺)

句会は「がまごう庵」でそばを食しながらです。こちらのオーナーは中々ユニークで田舎生活を実践しているとのこと。そばも自分で育てて石臼で製粉するというこだわりようです。なかなかの人気で3時過ぎに帰るころも、まだお客様が途切れない様子でした。

今年の初句座は7人で正月にふさわしい吟行でした。さてさて、今年は面白い俳句の一つ二つ出来るでしょうか。私は食事の方が楽しみな不真面目メンバーですが。

adsense

-俳句

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.