霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

短歌

にしき江全国大会開催 101年を迎えた鹿児島の短歌結社

投稿日:

にしき江大会

昨日、5月14日に、私の参加している短歌結社「にしき江」の全国大会がありました。今年から運営側という事で、事前準備や当日の受け持ちなど少しばかりバタバタしておりました。大会が終わるまで、何かと落ち着かない日々でしたが、ようやく終わったという感じです。

今年は101回全国大会です。昨年の100周年記念全国大会の大イベントの後ということで、今年の参加者減少が危ぶまれましたが、140名を超える参加者があり盛況でした。
全国大会といっても鹿児島の短歌結社なので鹿児島の方がほとんどですが、近隣の県や関東地方などかも参加があります。

大会では主宰者の挨拶などの後に結社賞、新人賞などの表彰がありました。
事前に出詠していた短歌の互選もあり、上位者表彰もありました。ちなみに私の短歌は選外です・・・とほほ。

今までの大会では表彰の後に公演があったりしたのですが、今回は合同歌会が開催されました。

にしき江には40近くの歌会があります。中には歌会に所属せずに歌誌に投稿する方もいらっしゃいますが、ほとんどの同人はそれぞれの歌会の中で活動しているわけです。その同人たちが年に1回、一堂に集まるのが全国大会という事になります。

合同歌会では参加者が予め互選用に出詠していた短歌を評者が批評、解説を行い、参加者が意見、質問を行う形式で行われました。
私はその短歌のスライド担当でした。スライドをパワーポイントで作り、大会でパソコン操作をしました。デスクトップパソコンで作ったスライドをノートに写したときに表示がずれて焦りましたが、なんとか間に合いました。

日頃は会えない他の歌会の方々と出会いがあったり、色々なお話もできて楽しい1日でした。わが結社の最大イベントが無事に終了してホッとしています。今日から日常の短歌生活に戻ります。

さて、次は田植えです。初めての稲作り。

adsense

-短歌
-,

Copyright© 霧島の麓にて , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.