霧島の麓にて

霧島の麓から田舎暮らしの日々をつづります・・・山登り、短歌、そしてパソコンな日々

*

「 短歌・文芸 」 一覧

チャップリン

チャップリンの誕生日が昨日だったので

  2015/04/17    エッセイ

死と同じように避けられないものがある。それは生きることだ。昨日はチャップリンの誕生日でした。冒頭の言葉は映画「ライムライト」でのセリフだそうです。この言葉に出会ったとき、生きている事を想い出したような気になりました。原文はこんな感じ・・・

ぎっくり腰

ぎっくり腰に・・・ その原因と予防をググってみた

  2015/04/15    エッセイ

昨日はぎっくり腰をやらかしてパソコンどころではなかったです。とほほ・・・。という事で今日は会社にも行けず、整形外科にギシギシ足で出かけて治療をしてもらいました。先生曰く、「典型的なぎっくり腰ですな」。これを機会にぎっくり腰について調べてみました。

縄文の森

砂粒ほどの生きざま

  2015/04/09    エッセイ, 短歌

私の書いた文が、今日付けの南日本新聞、俳歌吟遊コーナーに掲載されました。私の住む国分は古代と先端がよりそっている場所です。隼人族の足跡が先端工場の隣にあったりします。そのような場所にいると悠久の時の流れを感じずにはいられません。そんな思いを短歌と絡めてまとめました。

外国

外国を漢字で書くとちょっと面白い

  2015/04/08    エッセイ

「亜米利加」はなんと読むのでしょうか。そうです、アメリカですね。外国の地名を漢字表記することは滅多に無いですが、古き良き時代は漢字表記だったのでしょうね。中にはなぞなぞのような感じもあります。さて、「牛津」ってなんでしょう。

月食

今日は月食・・・のはずでした

  2015/04/04    エッセイ

今日は月食ですね。皆既月食です。しかし、残念ながら天気が思わしくなく月食の観察は無理のようです。今回の月食は皆既月食ですが、皆既月食の時間はわずか13分です。次に期待しましょう。次は2年後の2017年の8月8日に部分月食。

モクレン

モクレン考 散り際の見苦しさ

  2015/04/02    エッセイ

そんな凛々しい純白の白モクレンですが、散り際はちょっと見苦しい。でも、その散り際がまた人間っぽくて好きです。純白だったモクレンが段々とくすんでいき、茶色に汚れていきます。見る影もなく汚れ果てても、なお落ちようとしません。しがみ付いています。

短歌

南日本短歌大会(第110回) 出詠募集中

  2015/03/26    短歌

南日本短歌大会が4月25日に開催されます。出詠の締め切りは4月3日です。応募いただいた短歌は、当日大会に出席した方々の互選が行われます。互選の上位者と選者選、歌人協会賞が選出され表彰されます。大会欠席者、県外在住者の応募もできます。

蜜柑の木

木を植えるということ

  2015/03/21    エッセイ

この田舎屋を買ってから家の周りに木を植えています。実のなる木を少しずつ植えているのです。この木が実をつけるのは何時の事になるでしょうかねぇ。時間の尺度を木にあわせないといけない。私の植えた蜜柑も、すぐに食べることはできません。

ぼく、牧水

ぼく牧水 伊藤一彦と堺雅人が短歌を語る

  2015/03/18    本棚

伊藤一彦と堺雅人が牧水の郷里、坪谷から日向、宮崎と3夜にわたって酒を酌みながら牧水を語っています。牧水の名歌がちりばめられ、伊藤先生の分かりやすい解説が添えられています。

勾玉

時の子宮 縄文の森をテーマにした短歌連作

  2015/03/17    短歌

文の森を素材にしたした短歌の20首連作です。題名は「時の子宮」です。コンクール用に作ったので題名も目を引くものにしました。ちょっとセンセーショナルな題名でしょう?テーマは悠久の時間とその末端にある私というところでしょうか。